HOME » レース前に読みたい重賞(G1)完全読本 » フェブラリーS

フェブラリーS

フェブラリーステークス(フェブラリーS)の歴史からレースの傾向などを、まとめて紹介しています。

ダートでの中距離馬と短距離馬の闘い・フェブラリーステークス

新年G1第1戦として、毎年待ちかねているファンが多いフェブラリーステークス(フェブラリーS)。

JRAのダート重賞ではもっとも歴史のあるもので、1984年にG3としてスタートした「フェブラリーハンデキャップ」がその前身です。1994年G2昇格、名称も現在のフェブラリーステークスへと改称、1997年にG1に格付けされました。2007年からは国際競争となったため、外国馬も出走できるようになりました。

ここで上位に入った馬が、ドバイで開催される国際招待競走「ドバイミーティング」に遠征するという流れも見られます。

コースは東京ダート1600mですが、スタート後に芝コースを横切る形になるので、正確には完全なダートとはいえません。外枠馬の方が、やや長めに芝コースを走ることになり、多少有利ともいわれます。ただやはり、ジャパンダート上位の馬が勝ち切ることが多いようです。

1994年には、地方所属馬として初めてメイセイオペラが勝利。大いに話題を集めました。

レースの歴史を塗りかえたのは、2015年2月22日、第32回のレース

前年度、最低人気でありながら勝ち切ったコパノリッキーが、見事史上初の連覇を達成。かしわ記念やJBCクラッシックでしっかりと名を挙げて、前走の東海ステークスでは4馬身差をつける圧巻の走りっぷりを見せてくれたコパノリッキーが、新たな歴史に名を残した瞬間でした。武豊騎手も「自信を持って、自分から動こうと考えた」と一気にスパートしての勝利。

これは、ウイングアローやトランセンドといった、砂の王者でもなしえなかった偉業でした。

フェブラリーステークスデータ

  • 開催日:2月中旬・下旬
  • 競馬場:東京競馬場
  • 距離:ダート1600m
  • 賞金:1着賞金9400万円
  • 出走条件:サラ系4歳以上
  • 負担重量:定量(57kg牝馬2kg減)

管理人コメント

前年度の最低人気からの予想外の優勝に続く連覇は、圧倒的に強い印象を与えています。

しかし基本的には、荒れるレースではなく、ジャパンカップでやはりダートに強かった馬が来る傾向が強いと思われます。

ただ、絶対は無いのが競馬の面白さ。やはり情報を多く集めるのが、大切なのではないでしょうか。

そんなときには、ここで紹介した競馬予想サイトを参考にしてみてください。自分と違った見方もわかり、参考になるでしょう。

ついに決定!優良競馬予想サイトBEST5へ