HOME » レース前に読みたい重賞(G1)完全読本 » 皐月賞

皐月賞

このページでは重賞レース(G1)・皐月賞の歴史や過去の優勝馬などを調べてまとめました。 

G1皐月賞は馬力と駆け引きが勝負の決め手!

皐月賞は日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で行う、3歳牡馬・牝馬、芝2000mという条件で行われるGI競走です。

現在は4月中旬の開催ですが、戦後まもなくは5月に開催されていてレース名はその名残と言われています。

1939年に創設されて、当時はいまの名前とは違う「重賞競走横浜農林省賞典4歳呼馬」としてスタート。開催場所も中山競馬場ではなく、当時は横浜競馬場で行われていました。

その後1949年に開催場所を現在と同じ中山競馬場に移し、同時に名称も「皐月賞」に変更され、現在に至ります。

皐月賞は牡馬クラシック三冠競走の初戦にあたるGIレースで、2戦目の日本ダービーはよく“最も運のある馬が勝つ”と言われ、3戦目の菊花賞は“最も強い馬が勝つ”と言われるのに対して、この皐月賞は“最も速い馬が勝つ”と言われています。

実際に、皐月賞を走った後に短距離路線に変更して成功した馬も多いです。逆に有力馬の中には日本ダービーへの出走を見据えて、あえて皐月賞には出ないケースも見受けられるほど。

レースの特徴として、小回りな中山競馬場で行われるため、最初に内側のコースを選択した馬、つまり先行馬に有利になることが多いと言われています。

また、春の中山の最終週に開催されるので、すでに馬場が相当傷んだ状態であることが多く、荒れやすいレースでもあることも特徴のひとつです。

中山競馬場の芝は坂を2度駆け上がる、とてもタフなコースなので、スピードだけではなく、パワーも必要で、始めの坂を越えた後の位置取りや、直線と坂を計算した上での騎手の仕掛けどころのタイミング、競走馬の馬力など、毎年非常に見所が多いレース展開になります。

皐月賞データ

  • 開催日:4月中旬
  • 競馬場:中山競馬場
  • 距離:芝2000m
  • 賞金:1着9700万円、2着3900万円、3着2400万円(2014年)
  • 出走条件:サラブレッド系 3歳牡馬・牝馬

過去の優勝馬

回(年) 優勝馬 性齢 タイム 騎手 調教師
第74回(2014年) イスラボニータ 牡3 1:59.6 蛯名正義 谷潔
第73回(2013年) ロゴタイプ 牡3 1:58.0 M.デムーロ 角居勝彦
第72回(2012年) ゴールドシップ 牡3 2:01.3 須貝尚介 池江泰寿
第71回(2011年) オルフェーヴル 牡3 2:00.6 池添謙一 長浜博之
第70回(2010年) ヴィクトワールピサ 牡3 2:00.8 岩田康誠 武宏平
第69回(2009年) アンライバルド 牡3 1:58.7 岩田康誠 音無秀孝
第68回(2008年) キャプテントゥーレ 牡3 2:01.7 川田将雅 大久保龍志
第67回(2007年) ヴィクトリー 牡3 1:59.9 田中勝春 浅見秀一
第66回(2006年) メイショウサムソン 牡3 1:59.9 石橋守 池江泰郎
第65回(2005年) ディープインパクト 牡3 2:01.8 武豊 角居勝彦
第64回(2004年) ダイワメジャー 牡3 1:58.6 M.デムーロ 橋口弘次郎

管理人コメント

「最も速い馬が勝つ」と言われる皐月賞。最近はそれだけじゃなくて、枠運に恵まれた馬や血統のよい馬が勝っている印象が強いです。

この3歳牡馬クラシックの1冠目の予想には管理人がよく利用する競馬予想サイトを使ってみると楽しみが倍増しますよ。

サイト内で詳しく競馬予想サイトについて紹介しているので、ぜひ参考にしてにみてください。

ついに決定!優良競馬予想サイトBEST5へ