HOME » レース前に読みたい重賞(G1)完全読本 » 天皇賞(春・秋)

天皇賞(春・秋)

ここでは重賞レース(G1)である春と秋の天皇賞について、その歴史やデータ、過去の優勝馬などの情報を集めています。 

古馬最高の栄誉とされる春と秋の天皇賞 

天皇賞は春と秋の年2回開催されています。春の天皇賞は京都競馬場の芝3200mのコース、秋の天皇賞は東京競馬場で芝2000mのコースで競われます。

天皇賞は競売界で最も伝統があり、前身は約100年前に創設された「帝室御賞典」というレースです。

「古馬として最高の栄誉」と誉れ高く、本競走と宝塚記念と共に“古馬の中長距離戦線”として注目されています。

春の天皇賞の芝3200mは重賞では3番目、G1では最長の距離になります。

勝つ馬の条件は一にも二にもスタミナ。それに最後まで集中力を切らさないなど精神力が求められます。

レースの特徴として、スタート後に急激な上り坂があり、4コーナーへと続くなだらかな下り坂が続くため、勝利には馬の長距離適性が必要不可欠。また道中の駆け引きも春の天皇賞の見所のひとつです。

秋の天皇賞は1938年から1982年までは春の天皇賞と同じ3200mで開催されていましたが、春と差別化を図るため1984年より走行距離を2000mに変更して現在に至ります。

2000mになってからは「中距離最強馬決定戦」と位置付けられ、中距離戦線以外からも優秀な馬が集まり、毎年非常に層の厚い陣容を誇ります。

コースはスタート直後にコーナーがあるので必然的に外枠のポジションが大きな不利を受けることになります。

このため逃げ馬が前方に位置取りをするためには、スタート直後から全速力で走らせる必要があり、第2コーナー近辺で馬群がゴチャつきやすい特徴があります。

天皇賞(春・秋)データ

  • 開催日:(春)4月下旬、(秋)10月下旬
  • 競馬場:(春)京都競馬場、(秋)東京競馬場
  • 距離:(春)芝3200m、(秋)芝2000m
  • 賞金:(春)賞金総額2億7496万円、1着賞金1億3200万円、(秋)賞金総額2億7496万円、1着賞金1億3200万円
  • 出走条件:(春)サラブレッド系4歳以上、(秋)サラブレッド系3歳以上
  • 負担重量:(春)定量(58kg、牝馬2kg減)、(秋)定量(3歳56kg、4歳以上58kg、牝馬2kg減)
ついに決定!優良競馬予想サイトBEST5へ