HOME » レース前に読みたい重賞(G1)完全読本 » ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイルの歴代の優勝場の情報やレースのデータを考察しています。

春の女王はここで決まる!ヴィクトリアマイル

まだ新しいレースながら、ウオッカ・ブエナビスタ・アパパネの大活躍で、すっかりメジャーレースになったヴィクトリアマイル。

2006年にこのレースが新設される以前は、牝馬限定のG1が、阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳限定)、桜花賞・オークス・秋華賞の牝馬三冠(3歳)、エリザベス女王杯(3歳以上)だけでした。このため、力のある牝馬が年を取ると、G2かG3の重賞に斤量を負って出るか、牡馬と一緒のレースに出るしかなかったのです。

牝馬の目標になるようなレースとして新設されたため、今では秋のエリザベス女王杯とともに、古馬女王決定戦として親しまれています。安田記念まで中2週なので、ローテーションも可能です。

基本的には、1番人気がきちんと仕事をしてくれているレースですが、桜花賞で3着以内の馬が、8回中7回優勝しているので、これは外せないポイントですね。ただ、6番人気以下の馬が、なんと2着に5頭も入っているので、下位人気でも油断はできません。

また、前年の秋冬のレースできちんと成績を残している馬で、特に前走が牡馬との混合芝重賞で好成績だった馬がここでしっかり活躍しているのも見逃せません。

5歳馬も2回優勝していますが、ここ4年は4歳馬が勝ち続けています。若い馬に軍配が上がるのか、ここも気になるポイントといえるでしょう。

ヴィクトリアマイルデータ

  • 開催日:5月中旬
  • 競馬場:東京競馬場
  • 距離:芝1600m
  • 賞金:1着賞金9000万円
  • 出走条件:サラ系4歳以上牝馬
  • 負担重量:定量(55kg)

管理人コメント

ウオッカやブエナビスタの感動をもう一度と思い、今年も馬券を買ってしまいますよね。今のところは、あまりブレがないレースで来ていますが、下位人気の馬の活躍も目立つので、2着目以降に慎重な判断をしたいところです。

隠れた逸材を見つけたいのであれば、ぜひ競馬サイトを利用してみてください。

わたしも他のレースの予想も忙しいので、ちょくちょく利用させてもらっています。自分で集めきれない情報が、すぐに分かるのがいいですよ。

ついに決定!優良競馬予想サイトBEST5へ